バンクーバーから車で30分!デルタのストロベリーファームをご紹介します。

strawberry カナダ生活

こんにちは!
Yoshiです。

今年の夏は雨が例年より多いみたいですね。。
七月に入っても雨の日が続いています。

先月の終わりに、久しぶりに天気の良い土曜日があったので車でいちご狩りに行ってきました。
今日はバンクーバーの六月の名物、いちご狩りについてご紹介します。

バンクーバーのイチゴ狩り

バンクーバー周辺では毎年六月になるとストロベリーファームでいちご狩りがオープンします。
バンクーバーの近郊だけでも10箇所以上の農園でいちご狩りを体験することができます。

意外かもしれませんが、カナダのイチゴは一般的に美味しくないと言われています。
実際スーパーなどで売っているイチゴは硬くて酸っぱいものが多い印象です。
輸入物だったりシーズン外でも売られているなど様々な理由はありますが、なかなか美味しいイチゴに巡り合えません。
そんなバンクーバーのイチゴですが、農園で取れるイチゴはスーパーのものとは別物かと思うほど美味しいので本当にオススメです!

シーズンは大体六月の上旬から七月頃にかけてオープンしている農園が多いです。
七月以降もラズベリーやブルーベリーなどのピッキング体験ができるところが多いのでそちらも併せてチェックしてみるといいかもしれません。

デルタのEmma Lea Farmsに行ってきました

ストロベリーファームへのアクセス

デルタにあるEmma Lea Farmsへはバンクーバーから車で3~40分ほどで到着します。
バンクーバーから少し離れるだけで長閑な田園風景が広がっています。

営業時間や連絡先は以下の通りです。

住所:2727 Westham Island Road, Ladner BC
TEL : (604) 946-8216
営業時間:8時〜18時

出典:公式HPより引用

いちご狩りの体験ができる時間は18時までですが、ファームマーケットとアイスクリームショップは19時まで営業しています。

2020年のイチゴ狩りは6月30日で終了しています。
来年のスケジュールや他のフルーツの日程はこちらで確認してください。

入園方法、システムについて

ファームには15時ごろに到着しましたが、その時点でもまだ賑わっており入場するのに20分ほど待ち時間がありました。

 

entrance

通常時であれば容器の持ち込みが可能で、支払いは最後にイチゴの重さを測って金額が決まるようです。現在はコロナの影響でトレーの持ち込みが禁止になっており、大きさ毎に金額が決められたバケツを購入します。
バケツ購入後は重さを気にすることなく好きなだけイチゴを収穫することができました。

私たちは7ドルで一番小さい容器を購入したのですが、これくらい詰めることができました。

 

strawberry

 

通常時とはルールが少し異なるので入園前にもこのような看板が出ていました。
出入口には手の消毒液も用意されています。

 

covid regulation

日本と異なるイチゴの取り方

イチゴの取り方も日本とは全然違います。
日本のいちご狩りではビニールハウスの中で取りやすい高さにイチゴが設置されていることが多いですが、カナダではどうかというと、、、

farm

写真のように地面近くになっているイチゴを屈んで収穫します。
レーンなどは決められていないので移動しながら状態の良いイチゴを探すことができます。

入園後すぐのエリアはすでに良いイチゴは収穫されていて小さいものや緑のものが多かったのですが奥まで入っていくと大きくて綺麗なイチゴをたくさん見つけることができました。

練乳をその場でかけて食べたりといったことはできませんが、大自然のもとで果物を収穫しているという実感を得ることができます。

持ち帰って食べてみました

帰宅後さっそく収穫したイチゴを食べてみました。

期間ギリギリに行ったのでイチゴはどれも大きく熟しており甘味がとても強く感じられました。
今までこちらに来てから食べたどのイチゴよりもおいしかったです!

スムージーやジャムなどにしていただきたいと思います♪

 

今回はデルタのEmma Lea Farmsについてご紹介しましたが、他にもバンクーバー近郊にはイチゴ農園がいくつもあるので興味がある方は是非調べてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました